売り上げアップにつながる画像作成におすすめのツール

オンラインショッピングの特徴として、
時間や場所の制約なく買い物ができるメリットがあります。
また、Amazon、ヤフオク!、ヤフーショッピング、楽天市場、メルカリなどのフリマアプリ等、
数多くのサイトの中から幅広い商品を検討することができる点も魅力です。
一方で、店舗に実際に足を運ぶわけでは無いことから、
実際に商品を触ることができなかったり、商品のイメージが掴みづらいなどのマイナス点もあります。

今回は、オンラインショッピングならではのマイナス点をカバーし、
売上アップにつなげるための商品画像を作ることができるツールを紹介します。

オンラインショッピングでは商品画像の使い方が重要です。

実物の確認ができないオンラインショッピングでは商品ページの情報が全てです。
ユーザーは商品ページの説明文やレビュー、商品画像を見て購入を判断します。
商品を見たり触ったりできない分、
商品の細かな点を確認する手段として画像は大切です。

商品画像が重要である理由としては、
検索結果一覧ページに商品画像が使われる事
商品の特徴を視覚的に伝えられる事
等といった点が考えられます。

検索結果一覧ページに商品画像が使われる事

オンラインショッピングでは通常、商品の競合は激しくなります。
売上アップのためには数多くの競合商品の中から自分の商品がクリックされやすくする必要があります。

Amazonにしろヤフーショッピングにしろ、
どんな媒体においても検索結果画面には商品画像が使用されます。
価格や商品タイトル、レビューといった情報もありますが、
商品画像の印象はとても大きなものです。

例えば価格が安くても商品画像がしっかりしていると「詳しく見てみようか」とクリックしてくれることもあります。
逆に高価かつ高品質な商品であっても画像が手抜きであるとその魅力は伝わりにくくなります。

商品の特徴を視覚的に伝えられる事

商品画像を目立たせることで、
リアル店舗でのPOPのような効果を持たせることができます。

たとえば、上記画像の赤枠部分は同じ情報を紹介しています。
商品の特徴をアピールするこの画像は商品ページを訪れた多くの人の目に留まる可能性が高いです。
もしも商品画像がなく、右側のテキストの情報だけでアピールをしていたら、
訪問者に読み飛ばされる場合も多そうですよね。

また、ビジュアル的に特徴を説明できる点も魅力的です。
商品画像を使ったり図やイメージ画像を使用することでユーザーに特徴を伝えやすくなります。

画像で関心を引いて、テキストの説明文で詳しく特徴をアピールするといった使い方もできます。

画像の加工におすすめのツール

以上のように、
商品画像に手を加えることで商品を目立たせることができます。
ユーザーに商品を注目してもらいやすくなるほか、
商品の魅力を伝えやすくもなります。
次回の記事では、そんな画像作成にお勧めなツールを紹介します。

 

Profile


名前:宮迫 宏
起業に失敗したのをきっかけに、2011年よりインターネットビジネスを開始。現在は3社の会社を経営。

2013年1月 株式会社設立
2015年2月 月収1000万円達成
2015年12月 物販で月商3000万円達成

詳しいプロフィール

Youtube

LINE@ お気軽に追加して下さい

友だち追加数

LINEで「@miyasako」 で検索

応援お願いします

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP